トップページ > ストレッチ基礎知識一覧 > ストレッチ基礎知識

カバー画像 基礎知識×ストレッチmain-image_taishitsu

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

背骨の役割について考えてみませんか?

OMG151018250I9A2443_TP_V

こんにちは!

『シニア応援大久保DRTストレッチ整体アゲイン』のKaoriです。

店名を長くしすぎて自分でも「あれ? 次はなんだっけ?」と考えてしまう今日この頃です(#^^#)


で、今回は、その店名についている「DRTって何?」についてお伝えしたいと思います。

その前に!

仕事は何のためにするのか?

ということについて、まとめてみたいと思います。←それがDRTの説明につながっていきます。

仕事をする意味とは?

仕事は、

今日の晩御飯を食べるため、

とか、

今月の家賃を払うため

とか、

お休みの日をインジョイするため、

にする、

ではあるのですが、

あまりにも目先の目的を仕事の動機として設定してしまうと、息切れするのが早くなってしまいます(私の場合は(o^-‘)b)

 

目標は壮大であればあるほど、長期目標ができて、そのための中期目標、短期目標も自ず

とクリアになっていきますので、息切れしづらい

と考ます。

そこで、私は、仕事する目的を、

世界人類のために貢献する!

にしています。

どうですか? 壮大な目標でしょう?

とは言え、地球の裏側の人たちは、ちょっとイメージしづらいので、

身近に感じる日本人の健康のために貢献する!

を仕事する動機に設定しています。

 

日本人の健康を考えて行動しているうちに、自分の晩御飯も、お店の家賃も、定休日のインジョイ経費も余裕で賄えてしまう(予定!)

というのがKaoriシステムなのです!

私をストレッチ一本やりのストレッチ信者かのように言う人もいらっしゃいますが(#^^#)

私は、日本人の健康のためにストレッチのみをすすめるわけではなく、

日本人の健康のためなら、手段は選ばず、ストレッチを捨てる覚悟すらある!と申し上げておきましょう!

まっ、ストレッチは日本人の健康のためにすごく有効なので捨てる気はないですけど(o^-‘)b

 

前置きが長くなりましたが、そんな私の嗅覚に吸い寄せられてきたのが、今回ご紹介する

DRTという徒手療法なのです。

 

DRTとは?

結論から言って、これは、

 

日本人の健康に寄与する、もっと言うと、日本人の健康貯金を

確実に増やす、更に言うと、日本人のための医療革命ではないだろうか

とすら思えるのがDRTなのです。

 

と、大げさに考える前に(o^-‘)b

そもそも、健康って特別なことなの?

というアプローチが必要かと思います。

健康が特別なことではなくて、

不健康 = 特別の状態

とまずは考えてしまいましょう!

そうすれば、健康になることはそう難しくない、とシンプルに考えることができますよね。

 

 

ところで、健康ってどういう状態?

と考えるときに、DRT的なthinking methodが登場します。

DRT的な健康の定義とは、

『自分自身の脳が自分自身の健康を管理している状態』です。

うーーん、

ここでちょっと思考停止してしまいますか?

 

たとえば、膝をすりむいたとき、放っておいても自然に治りますよね。

これを自然治癒力と呼びます。

これは、脳が健康を管理しているからできることなのです。

そのメカニズムを説明すると、

カラダの情報(ヒザをすりむいた)が脳に送られて、脳から修復の指令が出ることによって自然治癒力が発動するわけです。

 

ところが、情報伝達が滞るとどうなるでしょう?

脳は修復の指令を出せずに、不調箇所が放置されてしまいます。

修復の指令が出ないまま不調が積み重なってしまう状態をDRTでは病気ととらえます。

全身の情報が正確に脳に送られないので不調箇所が修復されない、

つまり自然治癒力が発動しない状態が不健康状態(病気)である、ということが何となく理解できてきましたか?

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

 

背骨が重要!?

では、脳への情報提供量はなぜ減るのでしょうか?

ここに、背骨が関係してきます。

背骨の中には脊髄と言う神経の束が通っています。

脊髄を守っている背骨はとても重要な役割をしているのですね。

 

少しでも背骨がバランスを崩すと脊髄に影響がでて脳に上手く伝達がいかなくなってしまいます。

運動不足、悪い姿勢での長時間の仕事、過度のスポーツ、食生活のみだれ、精神的ストレスなどにより姿勢が崩れるとともに背骨はバランスを崩していきます。

背骨のバランスを整えると、神経と脳が上手くコミュニケーションできるようになり、 脳が司令塔となって自然治癒力がスムーズに働いて自然に体を整えてくれるのです。

(以上、DRT創始者であるカイロプラクター・上原宏先生の記述を随所で引用させて頂いております。)

 

DRTは、背骨のバランスを整え、脳と神経が上手くコミュニケーションできて、自然治癒力が働けるように手助けをします。

 

DRTの施術

さて、DRTとは、実際どのような施術なのでしょうか?

一回のDRTは、数分で終了します(o^-‘)b

気持ち良さそうに寝息をたてている人もいます。

一体何をしているの?!

 

DRTでは、仙骨から第7頸椎あたりまで、いわゆる背骨と言われる部分に刺激を加えて背骨の位置を整えていくのですが、受け手の感覚ですと、背中を優しくゆすられている感じです。

 

素晴らしい効果のわりに施術があっけなく終わってしまうので、

え? これだけ?

と最初は拍子抜けしてしまうようです。

しかし、繰り返すうちに、ボディーブローがじわじわと効いてくるように、健康のボトムラインが確実にあがってくることを実感して頂けると、

DRTってすごいですね!と同感して頂けます。

長い間不調だったご家族がDRT数回でめきめきと健康を取り戻す姿を目の当たりにされたお客様からはとても感謝されました。

 

 

というわけで、「DRTって何?」についてうまく伝えられたでしょうか?!

もっと具体的にDRTについて知りたい方、DRTを体験してみたい方は、是非、ご来店くださいね〜ヾ(@°▽°@)ノ

 

玉生さんプロフィール
ボディコンディショニング
「アゲイン」 代表
パーソナルトレーナー
伊藤かおり

武道好きのスポーツ嫌い。
法政大学法学部卒業後、法律事務所、不動産会社法務
部、法律関連の翻訳など法律系の仕事に従事。

在宅翻訳者のオタクだった頃に武道にはまり、
無理なトレーニングがたたり重度の腰痛を患う。
中国整体、接骨院、鍼灸、カイロプラクティックなど
各種の治療院を渡り歩くが、なかなか完治せず。
自力整体、ストレッチ、気功、ヨガなど、自力で腰痛を治す方法を 模索し、数々のストレッチ方法を身につける。

その後、都内のストレッチスクール(2か所)で学び、
ストレッチ専門店にて勤務。
2012年6月プライベートストレッチ教室を開始。
2013年7月新大久保に教室を移転し、現在に至る。
都内介護予防教室の講師としても活躍。

資格・活動:
マッサージセラピスト
日本予防医学療術協会認定ヨガインストラクター
IHTA認定1級ヨガインストラクター
新宿未来創造財団レガス新宿スポーツ登録講師
日本コアコンディショニング協会ベーシックインストラクター
極真空手 茶帯
松濤館空手 黒帯

情報

玉野さま2



■ボディコンディショニング|アゲイン HP
http://stretch-again.com

■ボディコンディショニング|アゲイン ブログ
http://stretch-again.com/ブログ

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

↑ページの先頭へ