トップページ > ストレッチ基礎知識一覧 > ストレッチ基礎知識

カバー画像 基礎知識×ストレッチ

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

デキル男がなぜストレッチ専門店を選ぶのか?その理由はここにあった

健康管理 ストレッチ
こんにちは!

ごきげんストレッチのタマノです。

今日は、デキル男がなぜストレッチ専門店を選ぶのか?について、その理由を紐解いてみたいと思います。

当店には、いわゆる働き盛りの男性も、定期的にご来店くださいます。

「働き盛りの男性も」と言うより、働き盛りだからこそストレッチ専門店を選んでいらっしゃいます。

ご自身の健康管理のために

健康管理 ストレッチ1
当店と出会ってから、1週間〜10日に一度のペースでご来店のS様(35歳)の口癖は、「俺が倒れたら現場が立ち行かなくなる」で、ご自身の健康管理には周到な努力を傾けていらっしゃいます。

30代後半にさしかかり、任される仕事の責任が重くなり、日々緊張感の中で過ごされている様子がS様からひしひしと伝わってきますので、食生活を含めた健康アドバイスをまめにさせて頂いていますが、実行力のあるS様は、私のアドバイスを次々に受け入れてくださり、ご来店当初からは想像できない変化を遂げていらっしゃいます。

ご来店当初の主訴は、首凝りと首凝りからくる頭痛でしたが、当店での施術に加えて毎日YouTubeのヨガ動画を見て肩甲骨を動かすエクササイズを続けているうちに以前のような激しい首凝りは解消してしまいました。

今では、寝る前のヨガエクササイズが、深い眠りと翌朝のすっきり目覚め感につながることを実感されているので、毎日ヨガを欠かさない生活習慣を確立されています。

自宅でのセルフストレッチの大切さを理解してくださり、「YouTubeでヨガ動画を見つける」という創造性を発揮してくださったことは嬉しい限りです。

長年のジンマシンからの解放!?

健康管理 ストレッチ2
「乳製品を摂らない」という私のアドバイスも即座に受け入れてくださったS様は、長年のジンマシンから解放されました。

牛乳をやめたらジンマシンがピタリとでなくなったそうです。 今では、疲労が重なったときにうっすらとでる程度で、以前とは比べものにならないぐらい軽度で済むようになったと喜ばれています。

深酒習慣も影を潜めたS様は、部下を飲み会に誘うこともなりなく、お付き合いの飲み会でも飲酒量があまりに減って周囲から驚かれているそうです。

「アルコールが筋肉を硬くする」という私の情報をしっかりとキャッチしてくださったS様は本当にエライ!!

「タバコも筋肉を硬くするのでやめませんか?」という私の誘いには、「それだけはできない」と今は頑ななのですが。。。(笑)

本数は減っているようです(^^)v

スーパー銭湯がお好きなS様は、そこで久々にマッサージを受けたそうですが、たまたま前回と同じ担当者に当たり、その方から、男性にしてはカラダが柔らかい、以前の満身創痍のカラダからは想像できない、と言われたそうです。

当店と出会ってから5か月ぐらいでこのぐらいの変化を遂げていらっしゃいます。

マッサージ師驚きの…

健康管理 ストレッチ3
そういえば。。。

茨木から定期的にご来店のA様(働き盛りの50代男性)も同じことをおっしゃっていたことを思い出します。

地元のマッサージ店にも通っていらっしゃるA様の肩甲骨周囲が急に柔らかくなったのでマッサージ師さんが「何をしたのですか?!」と驚かれたという話です。

「ストレッチを受けています。」というお話に興味を持たれたマッサージ師さんは、「私も行ってみたい。。。」とつぶやいているそうです。

マッサージ師さんのご来店、楽しいですね〜。

疲労困憊したカラダをリセット

Young pretty woman lying on the grass at summer sunset
そしてまた思い出すのが大企業の支店長の重責に耐えるW様(50代)。

経営会議で業績を叱責されて脂汗を流しながら事情説明する苦しさがトラウマになっているW様は、緊張に耐えるときに首の筋肉を固まる癖があるそうで、胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとつきん)(首の前側)が確かにひどく凝り固まっています。

W様のご来店理由が本人曰く「真人間(まにんげん)になる」なのですが、長年の重責に耐えて、子供二人を大学まで行かせたのに、定年後に自分の生活を楽しめないのは耐えられないという思いが強く、疲労困憊したカラダをリセットして第二の人生を歩み出そうと決意されています。

すでにゴルフスクールを経営されているW様は、定年後はスクールの経営に邁進されることを楽しみにしていらっしゃいます。

そんな大切なカラダ作りのためにストレッチ専門店に足繁く通ってくださる理由は、W様の目的が叶えられる色濃い可能性をストレッチに見出していらっしゃるからに他なりません。

このように、「ストレッチは改善が速い」「ストレッチで根本的解決が望める」ことに気づき始めたデキル男達は、
多少遠くても、
多少高額であっても、
多少痛くても、
効率の良い健康管理のためにストレッチを選んでいます。

「多少痛くても」に誤解がないように少し説明しますと、ストレッチして痛いのは、その筋肉が老廃物を抱え込んでいるからです。

ですから、痛いからやめておこう、では問題解決から遠ざかってしまいます。

硬い筋肉をストレッチすると痛いのは始めだけ。

一度目、痛い
二度目、それほどでもない
三度目、気持ちいい
老廃物が流れるごとに痛みの感覚は変化していきます。

それとともに血流が良くなり、熟睡できる、筋肉バランスが良くなり疲れづらくなる、体重は変わらないのにウエスト回りがサイズダウンして昔の洋服を着ることができる、など快適なカラダを実感していきますので、中には「痛いのをお願いします」とリクエストされるデキル男性もいらっしゃいます。

もちろんお客様にはできるだけ痛みを覚えて頂かなくて済むように施術の工夫をしています。

ストレッチ前に筋膜リリースを行うことで、痛みがかなり軽減されるどころか、「いきなり気持ちいい」にもっていける場合があることも最近わかってきました。

痛みなしストレッチを完成させて、デキル男だけでなく、デキル女にも安心してストレッチを受けて頂きたいなぁ、と考えていますが、痛くないとつまらない(自称Mの?)人には申し訳ないかも(o^-‘)b


玉生さんプロフィール
新大久保のシニア応援すとれっち処
「ごきげんストレッチ」 代表
パーソナルストレッチトレーナー
伊藤かおり

武道好きのスポーツ嫌い。
法政大学法学部卒業後、法律事務所、不動産会社法務
部、法律関連の翻訳など法律系の仕事に従事。

在宅翻訳者のオタクだった頃に武道にはまり、
無理なトレーニングがたたり重度の腰痛を患う。
中国整体、接骨院、鍼灸、カイロプラクティックなど
各種の治療院を渡り歩くが、なかなか完治せず。
自力整体、ストレッチ、気功、ヨガなど、自力で腰痛を治す方法を 模索し、数々のストレッチ方法を身につける。

その後、都内のストレッチスクール(2か所)で学び、
ストレッチ専門店にて勤務。
2012年6月プライベートストレッチ教室を開始。
2013年7月新大久保に教室を移転し、現在に至る。
都内介護予防教室の講師としても活躍。

資格・活動:
マッサージセラピスト
日本予防医学療術協会認定ヨガインストラクター
IHTA認定1級ヨガインストラクター
新宿未来創造財団レガス新宿スポーツ登録講師
日本コアコンディショニング協会ベーシックインストラクター
極真空手 茶帯
松濤館空手 黒帯

情報

玉野さま2



■ごきげんストレッチ HP
http://gokigen-stretch.com/

■ごきげんストレッチ ブログ
http://ameblo.jp/gokigen-stretch/

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

↑ページの先頭へ