トップページ > ストレッチ業界と専門店一覧 > ストレッチ業界と専門店

カバー画像 ストレッチ業界と専門店

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

都内4店舗「ストレッチ屋さん」川合社長はストレッチ業界をどう見るのか?


(インタビュアー小川)
●なんでストレッチ専門店を開業したんですか?


(川合さん)
もともとパーソナルトレーナーをやっていたんですが、
お客さんからの「ストレッチが良い」という声が多かったんです。


気持ち良いし、マッサージとは違うよね、
と好評でした。


業界1


こんなに良いと言われているけど、
ストレッチ単体で受けられる場所がない。


じゃあ、マッサージ感覚で気軽にストレッチを受けられる
お店があったら流行るんではないか?ということでOPENしました。


●きっかけはお客さまの声だったんですね。
OPENしてからのお客さまの反響はどうでしたか?


いきなり、すごかったですよ。


2009年の9月にOPENしてすぐ、
プレスリリースを見たメディアさんが取り上げてくれたんです。


はなまるマーケットさんやイブニングワイドさんなど、
情報番組が取材に来てくれました。
そのときは1日中、電話が鳴り止まなかったですね。


業界2


●やはり メディアの力はすごいですね。
2009年だと、まだストレッチ専門店がほとんどない状態ですもんね。


なのでメディアが、新しいですねって取り上げてくれたんですね。


●メディアの効果は長続きしないと言われますが、
その後はどうでしたか?


ただその後も順調でしたね。
おかげさまで、2〜4店舗目と増やすことができました。


●近年、ストレッチ専門店が増えていますが、それに関してはどう思われますか?


もともとうちの企業理念として、


————————————

人々が日常で、『マッサージに行って来た』と言うように、
『ストレッチに行って来た』と言っていることを、世界中に引き起こす企業です。

————————————


といったことを掲げています。


業界3


それをうち1社でやろうと思っているわけではないです。


他社が出てこないと、業界全体が盛り上がらないので、
どんどん増えてほしいなと思っています。


●業界全体のことを考えている方々は、
みなさんそうおっしゃいます。まだまだ小さい業界なので
まずは業界自体の認知度を高めていくことが必要ですよね。
では、ストレッチ専門店の認知度を高めるための課題はなんだと思いますか?


ストレッチ自体の価値がまだまだ認知されていないということと、
そして、もっと高齢者の方に来てもらうべきだと思っています。


業界4


もともと僕は、70〜80代の方メインのトレーナーでした。
これくらいの年齢の方は、マッサージには行っているので、
こういった方たちに、もっとストレッチの良さを知ってもらうべきですね。


●なんで高齢者の方が来ていないと思われますか?


知る場が少ないこと、
あとはストレッチに対して、「ちょっとキツそう」といったイメージを
持たれているのかもしれません。


ストレッチで筋肉を伸ばすという感覚が、
今いちピンとこない方もいます。


「伸びてる」と「張ってる」の違いがわからないというか。笑
伸ばしたら良くないと思っている方もいます。


●え〜!そうなんですね。


業界5


高齢の方にストレッチの良さをどう伝えていくか、
ここは課題だと思いますね。

若い人では、
「自分でできるじゃん」
と思っている人にどう伝えるかですよね。


わざわざお金を払ってまでストレッチ専門店に
行くメリットをわかっていないと来てくれませんよね。


マッサージに対して「自分でできるからお店に行く必要ないじゃん」
と考える人はいないですよね。


同じお金を使うならネイル行きますって感じですよね。


●ネイルは明らかに見た目が変わりますが、
ストレッチは、見た目の変化がわかりづらいというは
一つ課題かなと僕は思っています。


それも大事ですよね。


●川合さんが、ストレッチの認知度を高めるために、
意識しているポイントはなんですか?


技術へのこだわりと、
質の高いトレーナーを育てることですね。


僕がお店をやる前に、研究のために、
スポーツトレーナーからストレッチを受けたことがありました。
それがものすごく下手で。笑
正直、「このレベルで30分3000円かあ」と思いました。


業界6


だからこそうちは、
技術は絶対高めなければいけないと思ってやっています。


●広まっても、質が低いものでは意味ないですもんね。
今でも、良い高いトレーナーは少ないですか?


少ないですね。
ストレッチを習える場は増えているので、
今後に期待ですが、
1日の講習などでは限界がありますからね。


●ストレッチ屋さんでもスクールをやられていますが?
どんな方が受けに来られますか?


最近増えてきたのが、マッサージ店で働いている方で、
お客さまから「ストレッチやってもらえませんか?」
ということが増えてきたので、技術をおぼえようと習いにきました。という方です。


業界7


●それは業界にとって嬉しいことですね。


あとは、脱サラして独立したいですという方も来ます。
たまに趣味で習いたいという方も来ますよ。
関西のほうからこられる人もいます。


●スクールに通う方も、どんどん増えてほしいですね。


業界8


インタビュアー:小川敬司
撮影:平田ちか
場所:ストレッチ屋さん本社

プロフィール

ストレッチ専門店「ストレッチ屋さん」
代表  川合 利幸(かわい としゆき)

1978年生まれ。三重県出身。
国立埼玉大学経済学部を卒業後、
スポーツトレーナー派遣会社勤務を経て、
フリーのパーソナルトレーナーとして独立。
パートナーストレッチがクライアントから好評になり、
2009年9月に「ストレッチ屋さん 恵比寿本店」をOPEN。
2010年4月に株式会社ストレッチ屋さんを設立。
現在は都内に4店舗を展開し、ストレッチスクールも開校。

著書
子どもの身長がぐんぐん伸びる! 肩甲骨盤連動ストレッチ
子どもの足がどんどん速くなる! リズミックスラン&ストレッチ
体が硬い人でも無理なく伸びる! 症状別パートナーストレッチ 
著者ページはこちら

情報

timg120121207020520


■ストレッチ専門店「ストレッチ屋さん」HP
http://www.stretchyasan.com/

■ストレッチスクールHP
http://school.stretchyasan.com/

■ストレッチ屋さんブログ
http://ameblo.jp/stretchyasan/

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

↑ページの先頭へ