Interview & Column
インタビュー&コラム

ストレッチトレーナーはどれくらいの期間でなれるの?第一歩を踏み出そう!

コラム

2016 06.29

 ストレッチ,ストレッチトレーナー,資格,スクール,期間

ストレッチ専門学校ナビをご覧のみなさま

 

こんにちは、新見イタルです。

 

季節の変わり目ですが、お元気にお過ごしでしょうか?

 

今回は「ストレッチトレーナーになるために必要な期間」について書かせて頂きます。

 

まずは、ストレッチトレーナーになるために必要なものを考えてみましょう。

 

最低限必要なものとしては、

・解剖学、生理学などのカラダの仕組みの(知識)
・適切な施術の方法(技術)

です。

 

なので、パーソナルトレーナーとして働いている方でしたら、すでに解剖学などの「知識」はお持ちの場合が多いので、実際のパートナーストレッチの「技術」を学び実践していく期間が必要となります。

 

逆に、パートナーストレッチ以外の施術をお仕事としているセラピストの方であまり解剖学に詳しくない場合は「知識」を学ぶ時間が必要ですが、お客様の身体に触れる事に慣れているので、「技術」は比較的時間がかからず習得されると思います。

 

「知識」も「技術」も、まっさらな状態から学び始めると言う方でしたらどちらにも、それ相応の時間がかかりますよね。

 

ということで、
どれくらいの期間でストレッチトレーナーになれますか?
と質問された場合、かなり個人差がありますので「1週間です。」や「1ヶ月です。」などと具体的に答えるのは、難しいと思います。

 

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

また、
「あるひとつの施術の流れを、スムーズにお客様に提供できるストレッチトレーナー(お客様の状況によって応用はできない状態)」なのか、
「どんなお客様がいらっしゃっても瞬時に、かつ的確に施術プランを考え、結果をだせる施術のできるストレッチトレーナー」なのか、
どのレベルのストレッチトレーナーを目指すかで、全くかかる時間は変わってきます。

 

いくつかストレッチトレーナー資格を発行している団体もありますが、ほとんどの場合、「ベーシック」「アドバンス」などのレベル分けがありますよね。

 

目安として、まったく「知識」も「技術」もこれから学ぶという方が「60分のベーシックなパートナーストレッチ施術(施術の流れを変えるなどの応用無しの場合)」をお客様に提供する場合を考えてみましょう。

 

実際に講座を受ける時間とは別に、ご自身でしっかりと知識を勉強し、ご家族やご友人の身体を使って技術を実践し、練習して頂いたとすると、個々のセンスにもよりますがトータルで1ヶ月〜2ヶ月はかかると思います。

 

その後も、レベルアップのために勉強と実践は続きますし、実際にお客様を施術するようになってからも疑問や改善点はどんどん出てくると思います。

 

お客様の健康に関わる仕事において「ここで勉強は終わり!」と言う事はないですが、逆にそれを楽しめる方こそ、ストレッチトレーナーに向いていると思います。

 

ぜひ、ストレッチトレーナーへの一歩を踏み出してみませんか?

 

みなさんの活動の参考になりましたら幸いです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

それでは、またお会いしましょう!

 

 

 

新見 イタル さん (フィジカルコンサルタント)

新見イタルフィジカルコンサルタント

 

フィジカルコンサルタント
新見 イタル(にいみ いたる)

会社員時代、長時間の勤務、 不規則な生活による体の不調 (ひどい肩こり、慢性疲労)を解消するため、様々なエクササイズ、施術を試し、 自分のカラダが改善されていくのを実感し、「カラダの不調や悩みを持つ方達の役に立ちたい」とトレーナーを志す。

 

30代〜50代の女性を中心に、パーソナルトレーニング、ピラティス、パートナーストレッチ、タイ古式マッサージ、コーチングなどを取り入れたセッションを提供している。

 

☆8月に私が講師をさせて頂く、
日本パートナーストレッチ&コンディショニング協会
パートナーストレッチトレーナー ベーシック養成講座
開催、決定しました。

 

ご興味ある方はこちらをご覧ください。

 

 

 

  • 2016.06.29

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

相談窓口相談窓口
PageTop

∧PAGE TOP

提携ストレッチスクール