ストレッチ フランチャイズ,ストレッチ FC,ストレッチ 開業

フランチャイズビジネスの特徴を知らずして始めるべからず

フランチャイズビジネスとは?

フランチャイズビジネスを簡単に述べると、ビジネスの権利を買う!と言えば分かりやすいでしょうか?

時代の移り変わりと共にビジネスの形態も多様化してきました。

基本的にユーザーのニーズに答えるという構図に変わりはないのですが・・・

その昔、仕事は上司や師匠の後姿を見て学び技を盗んで修行に勤しんだものと思われます。

私も大学を卒業し、某広告代理店に就職した時は1から10まで上司を真似て仕事に明け暮れたものです。

何か人より秀でているわけでもなく、一つでも多く知識を詰め込んで経験が自分を伸ばすものだと信じていました。

今思えば土日の休みを返上し、躍起になっていた頃が懐かしいです(笑)

数年が経ち、某フランチャイズビジネスの大手企業との取引が始まりました。

フランチャイズ? 耳には馴染んでいた言葉ですが、代理店みたいなもの!そんな知識しか無かった私はその企業からフランチャイズビジネスの神髄を学ぶこととなったのです。

業界未経験でも短期間で仕事をマスターし収益が上げられる!夢のようなビジネスの業態がたくさんあることを知り、そして本部と加盟店の関係性・お互いの役割分担・WINWINの法則など

フランチャイズを知れば知るほど奥が深く、緻密に計算された本部の凄さを目の当たりにしました。

フランチャイズビジネス、

①誰も知っている屋号が使用できます
②期間は様々ですが比較的に短時間でその仕事を覚えることが出来ます
③タイムスケジュール通り動けばスムーズに開業が出来ます
④開業後も本部のフォローによって軌道修正をしてくれます
⑤売り上げが上がれば、しっかりと潤います

まさに夢のビジネス。

しっかり儲かるのであれば、、、、皆さんがやっていますよね?!(笑)

業態にもよりますが、素晴らしいフランチャイズをパッケージしている企業はたくさんあります。

そしてフランチャイズビジネスも日々進化を遂げているのです。

フランチャイズビジネスのメリットについて

フランチャイズビジネス2

ではフランチャイズビジネスのメリットって何でしょうか?

このブログをご覧になる方は少なからずアントレプレナー精神を持ち合わせている方だと思います。

即ち、起業してみたい! 独立したい! 一国一城の主になりたい!と夢をおもちの事でしょう!

はい!私もそうでした。

サラリーマン時代からフランチャイズビジネスに触れる事が出来て、30歳を過ぎたころには独立しか視野に入りませんでした。

その当時、いろいろなフランチャイズビジネスを調べ足しげく本部に顔を出し資料を集め、何故フランチャイズなのか?自分を納得させる上においても答えが欲しかったのです。

幼少の頃からスポーツに明け暮れ、勉強はほとんどしない!

何とか大学に入れても遊んでばかりで、授業は最低限の単位を取るだけのもの。

遊びのお金欲しさにアルバイトだけは、しっかりやっていましたが時給500円で(笑)

大学卒業後、某レストランに就職するも1年足らずで退職。

今で言う第二新卒というクラス分けで広告代理店に就職しましたが、あるのは根性だけです。

根性だけで10年間会社勤めをしてきました。

結果、手前みそではありますが最年少課長となり常に営業成績はトップ、素晴らしい方々とも知り合う事が出来て少しの知識とやる気だけで独立を考えました。

その時に自分を振り返り「私は技術も資格も何もない」勢いだけで生きてきた自分は何で独立が出来るのか?

そういう疑問をもち、あらためてフランチャイズビジネスを真剣に視野に入れたのです。

自分の会社・お店が未経験でももてる! 売り上げが上がれば上がるほど儲かる! 結構、自由がきく!

本部の言う事聞いていればやっていけそう! 上手くいけば更に拡大して、もっと儲かりそう!

未経験でもフランチャイズ加盟店だったら問題なし!

これがメリットと言えばメリットです。

フランチャイズビジネスのデメリットについて

フランチャイズビジネス3

さて20年前に独立した私ですが、某大手フランチャイズ(カーメンテナンス)に加盟しました。

国金で500万円の融資を受け、私と私のパートナーの退職金を告ぎ込み平成9年9月より店をOPEN、その月の売り上げは400万円オーバーです。ほとんど技術料なので凄い粗利でした。

ですが・・・・ なのですが・・・・ 体はボロボロでした。

1日平均5台の車を磨き上げメンテナンス。

2人がかりで朝から晩まで、正直言うとこのペースで続けることは不可能と悟り1日の台数を3台にしてスタッフを増員。結局、12年間この仕事をやりましたが振り返れば悪くなかったという印象です。

しかし、デメリットの多いビジネスもたくさん存在致しますので一例を

  • ●体が資本である以上、オーナーが朝から晩まで働き詰めとなるようではいけません
  • ●商品や知識が研修時だけ供給され、数年後が見えないような本部
  • ●売り上げシミュレーションが常識を逸脱している(こんなに儲かりますよ^^)
  • ●やたら契約を急がせる本部
  • ●月額のロイヤリティが高すぎる
  • ●ロイヤリティに見合った動きを本部がしない
  • ●単なる巡回だけの定期的訪問

 

と、まあ挙げればきりがありません。

フランチャイズビジネスに向いている人はどんな人か?

フランチャイズビジネス4

さて、ではどんな人がフランチャイズビジネスに向いているのでしょうか?

これも業態・業種によって様々なのですが・・・・

やはり独立を決めた以上、上昇志向の高い方は成功します。当たり前ですね^^

そして人脈の広い方は自身のビジネスをマッチングさせます。

某車メーカーのCMではありませんが「やっちゃう人」

行動が伴えば必然的に結果に繋がると信じて疑いません。

全てにおいて本部任せ、本部が何とかしてくれるだろう?!

そんな思いの方は成功しないと断言致します!

独立のために、どのフランチャイズ業態で開業しようかと検討中の方は、ぜひ一度、お問い合せ・資料請求をお待ちしております。

資料請求・お問い合せはこちら

フリーストレッチングのFCブランドについて詳しく知りたい

お問い合わせ

トップへ