トップページ > ストレッチナビ担当者小川コラム一覧 > ストレッチナビ担当者小川コラム

top1

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

「小規模事業者持続化補助金」をWEBサイト制作費に活用した「裏ももダイエット」


裏もも

ストレッチナビの小川です。

「小規模事業者持続化補助金」を知っていますか?

スタッフが20人以下の企業を対象に、

「販路拡大」

の目的で使用された経費関して、
補助金額の上限50万までが、戻ってくる、補助金制度です。


こういった補助金は、
集客の土台づくりの先行投資として、
上手く活用することで、先々の安定をつくっていきたいものです。

そもそも小規模事業者持続化補助金とは?


—————-
 本事業は、持続的な経営に向けた経営計画に基づく、小規模事業者の地道な販路開拓(創意工夫による売り方やデザイン改変等)の取り組みを支援するため、それに要する経費の一部を補助するものです。  小規模事業者(注1)が、商工会・商工会議所の助言等を受けて経営計画を作成し、その計画に沿って販路開拓に取り組む費用の2/3を補助します。補助上限額:50万円。

(注1)  小規模事業者とは、「製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む商工業者(会社および個人事業主)」であり、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者です。
(引用:全国商工会連合会)
—————-

さらに詳しくはこちらをご覧ください。
http://h26.jizokukahojokin.info/

個人事業主や、スタッフが20人以下の企業を対象にした補助金です。

WEBサイト制作費も補助金の対象になります

この補助金が採択される対象は、

「販路開拓」に関わる経費です。


・WEBサイト制作
・リスティング広告などのネット集客
・雇用の拡大


実際に採択された事業内容のまとめはこちらから
補助金に採択されたWEB施策とは?

補助金を活用して生まれたブランド「裏ももダイエット」

うちのお客様で、
回 この小規模事業者持続化補助金を活用して、
WEBサイト制作をされたのが、

「裏ももダイエット」という脚やせ專門のダイエットスタジオ。

裏もも

2015年9月にリリースしたばかりなのですが、
なんと、10月17日時点で、すでにWEBサイトからのお問い合わせが生まれています。

この裏ももダイエットの代表の田中さんは、
個人事業としてパーソナルトレーナーをやられていました。

その中で、
「オリジナルブランドとしてもっと唯一の存在になりたい」

ということで、弊社が、ブランド構築、サイト制作、WEBマーケティング
を担当させていただきました。

補助金を上手く活用した事例です。

まとめ

集客を成功させるために、
WEBサイト制作、チラシ、看板など、
どうしても先行投資は欠かせないものです。

特にWEBサイトは、早いうちに土台を構築すれば、
先々、半永久的に毎月集客を生み出してくれるものです。

ぜひ、この記事を見て、

・補助金について詳しく聞いてみたい
・WEBサイト制作、WEBマーケティングに興味がある

と少しでも感じた方、ぜひ一度、お問い合わせください。

担当小川
03-5843-6427
ogawa@lev.co.jp
フォームからもお問い合わせ可能です。
お問い合わせフォーム


真面目に努力している店舗様が、
輝けるお手伝いをし続けます。


2015.10.18
小川オススメ

STRETCH navi(ストレッチナビ)
運営責任者
小川 敬司(おがわ たかし) 

日本で唯一、全国のストレッチ専門店を検索できるサイト
「STRETCH navi(ストレッチナビ)」の運営責任者。
日々、ストレッチ業界のプロフェッショナルにインタビューを
重ね、世の中に「ストレッチの価値」「ストレッチ専門店の価値」
を広めるために奮闘中。

自身も学生時代に10年以上サッカーをやっていたので、
スポーツには携わっていたが、当日はストレッチをサボっていた。
今になってストレッチの存在価値を知り、現役時代よりも本気で
ストレッチに向き合っている。

情報

写真 6

■小川敬司facebook
https://www.facebook.com/takashi.ogawa2

■ストレッチ専門学校ナビ〜日本初のストレッチスクール検索サイト〜
http://www.stretchnavi.com/school/

■マンションサロン.com〜サロン開業できるマンション専門不動産〜
http://www.mansionsalon.com/

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

↑ページの先頭へ