トップページ > ストレッチ基礎知識一覧 > ストレッチ基礎知識

カバー画像 基礎知識×ストレッチ

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

パートナーストレッチの広がりと可能性その3


ストレッチナビをご覧のみなさま


こんにちは。
新見イタルです。

昼間はもう半袖がいいくらいですね!


さて、12回目となる今回は、前回に引き続き、

パートナーストレッチの可能性について考えてみようと思います。

パートナーストレッチが今度どのように広がり、活かされていくか??


前回までは、

主にストレッチスキルを身につけたトレーナー、セラピストが

仕事(サービス)としてパートナーストレッチを提供する目線で考えてみました。

今回は、

仕事以外でこんなふうにも活用できますよ!

トレーナーやセラピストではない方も、

パートナーストレッチの技術を身につけるとこんなところで役に立ちますよ!!

という目線で考えてみたいと思います!


キーワードは、

「いつでも、どこでもできる!」



「コミュニケーション」

です!

身体に触れる事は、最も原始的なコミュニケーション手段だと思います。

言葉を交わさずとも、触れるだけで温かい気持ちになれますよね。

私の経験を元に、
こんな風に考えてみました!

親孝行に。
(大切な親御さんの身体を伸ばして健康になってもらいましょう。
施術中にコミニュケーションもとれますよ。大人になってから親に触れる機会もないですよね。)


最愛のパートナーに。
(仕事でお疲れの旦那様に、子育てを毎日がんばってくれている奥様に。
彼氏、彼女への愛情表現やコミュニケーション手段として。
気持ち良くて毎日やって!と言われてしまうかもしれませんが、、)


何かのお礼に。
(友人の家に泊めてもらったり、何かをしてもらったときのお礼に、パートナーストレッチはいかがでしょう??)


ボランティア活動に。
(私も整体師の方に混じって被災地へのボランティア活動に参加させて頂きましたが、伸ばされる気持ち良さを感じて喜んで頂けたようです。)


部活やスポーツチームで。
(各選手がそれぞれパートナーストレッチが出来れば、選手同士でケアをし合えますし、「今日のシュートめっちゃ良かったじゃん!」なんてコミュニケーションもとれて一石二鳥ですよ。 )


アイスブレイクとして。
(触れ合う事でさらに親密さが増しやすくなりますよ)


といったところです!

全体的な印象としては、

パートナーストレッチは、

相手に対する優しさにあふれたものなんだな、と感じます。


他にもまだまだ活用できる場面がありそうですので、

みなさんも、何か良さそうなアイデアがあればぜひ教えてくださいね。


それでは、またお会いしましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました!

☆もしご興味あれば、パートナーストレッチとタイ古式マッサージを組み合わせた施術の
セミナーを開催していますので、ぜひ一度のぞいてみてください。
(詳細はこちらから)
http://ameblo.jp/itaruniimi/entry-12020974124.html


2015.4.30
使用プロフィール

フィジカルコンサルタント
新見 イタル(にいみ いたる)

音楽業界からフィットネス業界へ転身。
会社員時代、長時間の勤務、 不規則な生活による体の不調 (ひどい肩こり、慢性疲労)を解消するため、 様々なエクササイズ、施術を試し、 自分のカラダが改善されていくのを実感し、 「カラダの不調や悩みを持つ方達の役に立ちたい」とトレーナーを志す。 30代〜50代の女性を中心に、パーソナルトレーニング、 ピラティス、パートナーストレッチ、タイ古式マッサージ 、 コーチングなどを取り入れたセッションを提供している。
また、セミナー講師や、ビューティーイベントの企画などを手がける。

情報

プロフィール2



■新見さんブログ
http://ameblo.jp/itaruniimi/

■新見さんfacebook
https://www.facebook.com/itaru.niimi

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

↑ページの先頭へ