トップページ > ストレッチ基礎知識一覧 > ストレッチ基礎知識

カバー画像 基礎知識×ストレッチ

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

パートナーストレッチの広がりと可能性その2


ストレッチナビをご覧のみなさま


こんにちは。
新見イタルです。

街を歩くと、桜並木はもうほとんど、葉桜になっていますね。


さて、11回目となる今回は、前回に引き続き、

パートナーストレッチの可能性について考えてみようと思います。

パートナーストレッチが今度どのように広がり、活かされていくか??


前回は、

今パートナーストレッチサービスを受けられる場所として、

・パートナーストレッチ専門店
・フィットネスジムなどの運動施設
・パートナーストレッチ以外のサービスが主なサロン、治療院など

そして、

・ホテル、旅館などの宿泊施設などでのサービス
・各種温浴施設でのサービス

などに広がって行きそうですね、

とお話しさせて頂きました。


今回も、さらに考えていきましょう。

パートナーストレッチ(特にマットを使用する場合)は、

「いつでも、どこでもできる!」

が最大の売りとお話させて頂きました。


つまり、

受けて頂くお客様、マット(もしくは寝転がれる場所)、
そして、ストレッチスキルをもったトレーナー、セラピスト

さえそろえば、そこはストレッチ専門店になってしまうんです!


例えば、


・ 各種競技大会、マラソンなどのスポーツイベントで!
 (マットを敷けば、そこはアスリートを癒すストレッチ専門店に早変わり)

・ お客様の元へ出張サービス!
 (自宅やオフィス、高齢者施設など、身体ひとつで伺えます!)

・ 自然の中で、アウトドアで!
 (芝生に寝転がって、木漏れ日の中で、呼吸も深くなり、最高のリラックス)

・ 舞台やライブなどで、俳優さん、アーティストのケアとして
(私もアーティストさんのライブに帯同させてもらった事がありますが、
激しいダンスで動き回った後には、ストレッチは最適なボディケアです)

なども良さそうですよね。


みなさんも、何か良さそうなアイデアがあればぜひ教えてくださいね。


前回、今回と、

ストレッチスキルを身につけたトレーナー、セラピストが

活動する場、について考えてみましたが、


次回は、仕事以外の活用の仕方について考えてみようと思います!


こちらも盛りだくさんですよ。


それでは、またお会いしましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました!

ストレッチセミナーやストレッチトレーナー養成講座などお仕事のお問い合わせ、
ご感想などは是非こちらまで!
http://ameblo.jp/itaruniimi/entry-11995243374.html


2015.4.18
使用プロフィール

フィジカルコンサルタント
新見 イタル(にいみ いたる)

音楽業界からフィットネス業界へ転身。
会社員時代、長時間の勤務、 不規則な生活による体の不調 (ひどい肩こり、慢性疲労)を解消するため、 様々なエクササイズ、施術を試し、 自分のカラダが改善されていくのを実感し、 「カラダの不調や悩みを持つ方達の役に立ちたい」とトレーナーを志す。 30代〜50代の女性を中心に、パーソナルトレーニング、 ピラティス、パートナーストレッチ、タイ古式マッサージ 、 コーチングなどを取り入れたセッションを提供している。
また、セミナー講師や、ビューティーイベントの企画などを手がける。

情報

プロフィール2



■新見さんブログ
http://ameblo.jp/itaruniimi/

■新見さんfacebook
https://www.facebook.com/itaru.niimi

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

↑ページの先頭へ