トップページ > 看板トレーナーインタビュー一覧 > 看板トレーナーインタビュー

スポンサーリンク

メディカルグローアップアカデミー

日本で初めて、ストレッチ専門店を生み出したあの有名店の、看板女性トレーナーに突撃レポート


1

ストレッチナビの運営責任者の小川です。

さて、とうとう来ました。ストレッチ専門店「スリーエス」さん。
日本で初めて、ストレッチ専門店を生み出した、業界のパイオニア的な存在です。

あの、「ドSストレッチトレーナー」としてバンバンメディアに出まくっている、
兼子ただしさんが代表を勤めるお店です。
渋谷宮益坂を上がってすぐのところにあります。

このスリーエス渋谷本店でチーフトレーナーの前田あいさんを、
今回は看板トレーナーとしてご紹介することになりました。


2

さあ〜て、どんなストレッチが受けられるんでしょうか!
前田さんに早くお会いしたいですね。


3

はしゃぐ小川は、心躍らせながら、なぜかガッツポーズ。
余裕の笑みです。


4

このビルの8階か。では、行きましょうか。


エレベーターで8階へGO!



看板トレーナーの前田あいさんは、
ドSトレーナー兼子さんのもとで10年のキャリアがあって、
兼子イズムを継承しているみたいですよ。

楽しみだなあ〜♪


5

兼子イズムを継承?ドSトレーナーのもとで10年のキャリア?

てことは、、、前田さんも、ドSか!!!


6

そ、そうだよな。ふつうに考えたら、そうなるよな。
師匠に学んでいる人は、ぜったい師匠の同じようなスタイルになるよな。


師匠の兼子さんて、確か、、、


7

8

完全に、ヤバい人だって。
髪型も顔も、パーフェクトにドS じゃん。

きっと、前田さんも、女性なのに剃りこみとか入ってて、
体格もゴツくて、、、


9

8階に着いた。もう、行くしかない。


お店へ、到着




10

こ、これは!


11

12

目がチカチカするくらい強烈オレンジ!

(前田さん)小川さん、こんにちは!


13

ま、前田さんですか??

(前田さん)はい、お待ちしておりました。


前田トレーナーとのご対面




14

15

うお〜〜〜〜〜!!!前田さん!

まるで、無邪気な小学生のような笑顔で出迎えてくれた女性こそ、
前田あいさんでした。


16

うお〜!なんだあ、そっか〜。ぜんぜんドSな感じじゃないじゃないか。
良かった〜〜〜。


17

(前田さん)どうぞこちらに!


18

体格も小柄だし、パワーでも、いざとなれば戦って勝てそうだ。
変に考え過ぎてたな。

前田さん、身長は何センチなんですか?

(前田トレーナー) 150センチです。この前、小学生と並んで、同じ身長だったんです。笑


19

20

それにしても、やたらオレンジだな。
スリッパも全面オレンジだったし。


21

店内はガラス張りで、開放感あるオシャレスペースだなあ。


22


着替え




23

やりましょうか!この、スリーエスTシャツを着て!
同じオレンジに身を包まれると、仲間意識が芽生えるから不思議です。

45

前田さんにまずお聞きしたいのですが、
「ストレッチ」って、マッサージと何が違うんですか?
根本的な質問ですいません。

(前田さん) ストレッチとマッサージでは、そもそも目的が違うんです。
ストレッチならではの特徴が「健康維持」「予防」に効果を発揮するところです。


「健康維持」「予防」ですか?

(前田さん) はい。簡単に言うと、「腰痛や肩こりになりにくいカラダ」をストレッチの習慣によってつくることができます。 マッサージはどちらかというと、「痛くなってから行く」という対処的な位置づけですからね。

もちろんストレッチも、症状が出てしまってからでも効果的なので、「予防」と「対処」の両方に貢献できます。

ストレッチって、優秀なんですね。 ただの準備運動ではないということなんですね。

(前田さん) そうなんです。
そして、ストレッチ専門店の中でもスリーエスは、
「S字姿勢」という本来人間があるべき正しい姿勢に改善してあげるための手段として、
ストレッチを提供しています。

S字姿勢ってなんですか?

(前田さん)
背骨のラインが、正しいS字カーブを描いている状態、これが正しい姿勢です。

特に日本人は猫背が多い人種で、日本人の7割以上は猫背とも言われています。
腰痛や肩こりなどのカラダの不調のほとんどが、姿勢の崩れが原因なんです。


そうなんですね、、、確かに正しい姿勢を習ったこと自体、ないですよね。

(前田さん) そうなんです。だからスリーエスでは、ただストレッチをするだけでなく、
姿勢教育という観点で、正しい姿勢を教えているんです。



姿勢チェック




24

(前田さん)それでは、ストレッチの前に、小川さんの姿勢チェックをしましょう。

はい!

正直、姿勢には僕は自信があるんです。
ストレッチの専門家にいろいろなお話を聞いて、姿勢がとても大事だってお教えてもらいました。

だから、日々「良い姿勢」を意識していますからね。

(前田さん) はい、では写真を撮りますね!
あまり意識しすぎず、自然に立ってみてくださいね。



24-2

ほら、リラックスしながら良い姿勢ができているでし、、、

(前田さん)はい、小川さん、姿勢が崩れていますね。


25

26

(前田さん)ちょっとアゴが上がりすぎていますね。
あと、もっと胸を張って背骨の「S字カーブ」がキレイに出てくると正しい姿勢になっていきます。


自分では、姿勢が良いと思っていましたが、それは幻だったんですね。。。

(前田さん) 意識されてるだけでもスゴいですよ。
そもそも意識をしていない方も多いですからね。


姿勢が悪いと、カラダにどんな影響があるんですか?

(前田さん) カラダへムリな負担がかかるので、肩こり・腰痛・首こりなど、いろいろな不調がでてきます。

猫背になると呼吸が浅くなります。
呼吸が浅くなると、集中力も低下し、仕事へも支障が出てきますよね。

それと、ビジュアル的にも美しくないですよね。

僕の場合、
「ビジュアル的にも美しくないですよね。」
ここが特に刺さりました。笑


27

(前田さん)それでは、さっそく施術していきましょうか♪
小川さん。少しだけ、痛いかもしれません、大丈夫ですか?


僕、こう見えて痛いのけっこう平気ですよ。
今まで男性トレーナーのストレッチもたくさん受けているので、
強めにやっても、問題ないですよ。

(前田さん)良かったです!
では、いつも通りやらせてもらいますね♪




ストレッチ施術スタート




28

(前田さん) ではまずは首のストレッチをしていきますね。

グイッ(こめかみをガッ)

ん?


28-2

グンッ

ウガッ!?え??


29

30

ま、前田さん、
なんか目つきが、ぜんぜん変わってません?

うお〜〜〜!

(前田さん) では、続けて上半身を重点的にストレッチをかけていきますね。


上半身を集中ストレッチ




DSCN5275

DSCN5279

DSCN5276

DSCN5274

(前田さん) 小川さんは普段PCでのお仕事が多いとのことで、
猫背になりやすい環境です。

ずっと前傾気味の同じ姿勢が続くと、
カラダはそれを覚えてしまいます。

ですのでこうやって、強制的に伸ばしてあげることで、
本来の姿勢を取り戻していきます。

少し痛いですが、俗に言う「イタ気持ち良い」感覚です!


下半身の集中ストレッチ




(前田さん) 続いては、下半身のストレッチです。
ベッドに仰向けで寝ていただいてもいいですか?

は、はい!


31




32

33

グッホ!!

ガ〜〜ッ!痛いです。うん、ぜったい痛いです!
上半身に比べて、痛みが倍増したのはなぜですか?!

(前田さん) 小川さんは、長時間のデスクワークのせいか、腰・お尻の筋肉が特に硬くなっています。
硬い筋肉であればあるほど、伸ばしていく際に、痛みが伴ってしまうんです。



34

な、なるほど!
悪いところであればあるほど痛いんですね。

これは、効いている痛みなんですね!
ひ、ひつような痛みなんですね!

希望に向かっている、痛みなんですね!?

(前田さん) はい、もちろんです♪


DSCN5298

34-2

カラダが、矯正されていく感覚です。
効いている痛みなんだとわかると、痛みが心地よくなってきます。自分が進化するための痛みなんだと。

でも、やっぱり痛い。
(意識が、もうろうとしてきた)


35

(前田さん)それでは次は、裏ももを伸ばしていきますね。


DSCN5299

36

薄れゆく意識の中で、
もも裏の筋肉をストレッチする前田さんが、

まるで、木の幹から顔をのぞかせ、
「小川さん♪」
と微笑みかける少女のように、見えたことを覚えています。


37

(前田さん) お疲れさまでした!

ふ〜〜〜。

僕の課題は、下半身の筋肉なんですね。
「痛い箇所=改善点」
これほどシンプルなことはないですね。

(前田さん)その通りですね。
でもこの痛みも、ストレッチを繰り返していくうちになくなっていきますよ。
最後に、背中のストレッチをしますね。


背中ですか?

(前田さん) はい、S字姿勢にしていくために、背中のストレッチは重要なポイントです。

僕、今まで背中が硬いって言われたことないですね、
背中は、そんなに問題ないと思いますよ。

(前田さん)では、やっていきますね。


38

んぐ〜〜〜!!ぐぅ〜〜!


40

僕はこのときのことを、あまり覚えていません。
しっかり息をできていたのかさえ。

でも、これまで感じたことのない、「矯正される感」の心地よさは覚えています。

(前田さん)小川さんは猫背気味で、首が少し前に前傾している傾向があるので、
背中と首はしっかりやっておきますね♪



39

このいたずらっ子のような笑顔。
まさに、仕事を楽しむプロフェッショナルです。


ストレッチ終了。再度姿勢チェック




30分間のストレッチが終了。
施術後の姿勢チェックへ。 小川の姿勢は、前田さんのストレッチによってどう変化したのか?


41

DSCN5316

(前田さん) 施術前に測ったときみたいに、
リラックスして、自然に立ってくださいね〜。



42

あれ、こ、これは!


ビフォーアフター

おお〜〜〜!!!

姿勢が、違う!
なんか、明らかに、立ち姿が美しくなってますね!

ちょっとまだぎこちないですが、
だらしなく上がっていたアゴが下がり、胸が自然に張れていますね。

(前田さん) 背骨のS字ラインがだいぶキレイな曲線になったことと、
耳、肩、腰を結んだ線が、一直線になっていますね。



44

嬉しい〜〜です!!!!
進化した気分です。

あの痛みは、カラダを変えるために、
本当に必要な痛みだったんですね。


DSCN5328

(前田さん) 疑ってたんですか?笑


あ、いえそんなまさか。笑

(前田さん)自分ではなかなか伸ばしづらい深いところの筋肉までアプローチしているため、
筋肉が硬まっていると痛いのです。

でもこの痛みは、
筋肉の繊維に沿って伸ばしているので、後に残りませんよ。

ただ、この姿勢の改善は、1回だけではもとに戻ってしまいます。
週に1回30分、定期的にストレッチを行うことで、正しい姿勢が定着していきます。

生まれてから何年も悪い姿勢だったものが、1回で解決するわけないですよね。
やはり継続が大切なんですね。

それにしても、さすが。
師匠の兼子ただしさんから一流の技術を学んだプロトレーナーですね。

ちなみに、師匠の兼子さんはどんな方なんですか?

(前田さん)心の温かい人です。父親かと思うくらい私のことを愛してくれています。(笑)
物事の本質を捉え、行動力のある人だと思います。


父親かと思うくらい、、、
社員にもお客様にも、愛があるからこそのドSなんですね。

(前田さん) はい!とても感謝しています。
私はスリーエスで働きだして、10年ですからね。
みなさんに「コカネコ」なんて呼ばれることもあります。笑

10年。コカネコ。
、、、お言葉通り、ストレッチはコカネコでした。


46

(前田さん) 今日は本当にありがとうございました!
ぜひまた受けに来てくださいね♪



47

(前田さん) お気をつけてお帰りください♪
ありがとうございました!


こちらこそ、ありがとうございました!

まるで天使のような笑顔で、お見送りをしてもらいました。


ドSストレッチと、このお見送りのギャップは、
ハマりそうです。


前田あいトレーナーが所属するストレッチ専門店


ストレッチ業界NO.1キャリア 44万人の実績
ストレッチ専門店 SSS(スリーエス)


round



編集後記


「アメとムチ」という言葉がありますが、少しだけ、意味が分かった気がします。

スリーエスでは、トレーナーがカラダの専門家として、今のカラダの状態や改善策も丁寧に教えてくれます。

何より、 ストレッチをする目的が「S字姿勢のために」と明確なので、毎週通う必要性が腑に落ちました。

そして前田さんは、まさに元気印。小柄でかわいらしい方なのですが、 施術は男性顔負けの職人技です。

知識と技とを兼ね揃えた、まさに看板トレーナーという言葉通りのプロフェッショナルでした。
お出迎えからお見送りまで、終始元気で爽やか。お話をしているだけで心がこちらも元気になれる。

このギャップが、とても魅力的なトレーナーさんです。
ぜひ一度、会いに来て、爽やかドSストレッチを受けてみてください!

200×200
ストレッチ専門店スリーエス(SSS)
渋谷本店チーフトレーナー 前田あい

バスケット歴9年(主将・副主将)、専門学校全道大会優勝、全国大会第3位。トレーナー育成の専門学校を経て、2006年4月、スリーエスに入社。 延べ2.5万人のストレッチ・姿勢指導を行ってきた。 現在、渋谷本店チーフを務める。

情報

a83fee7d3357454375c61882211728591

スポンサーリンク

日本ストレッチトレーナー学院

↑ページの先頭へ